2016年09月15日

韓国ドラマ-雲が描いた月明かり-あらすじ-7話〜8話-最終回まで感想あり

韓国ドラマ-雲が描いた月明かり-あらすじ-最終回まで感想あり-7話〜8話-パク・ポゴムやキム・ユジョン出演-キャスト相関図やDVDなどもあり


雲が描いた月明かり.jpg



【雲が描いた月明かり】のドラマのご紹介です♡
そしてパク・ポゴムやキム・ユジョン出演のゴージャス共演です!

時は、朝鮮時代の後期。
中国の礼儀と音楽である礼楽をこよなく愛した天才君主の孝明世子(ヒョミョンセジャ)を題材にした王宮のラヴロマンスです♡

ツンデレの王世子イ・ヨン!そして、男装の内侍ホン・ラオン!
果たしてラオンは、男性に変装しながら〜素性を隠し通せるのでしょうか?
そして、やんちゃな皇太子ヨンとの愛の運命は?

さらに魔性のイケメン学者etc。
魅力的なキャラクターたちが目まぐるしく活躍しますよぉ(*^_^*)
王宮ロマンスのラヴストーリーをドキドキ〜わくわくしながらお楽しみください♡


「雲が描いた月明かり」のあらすじ、感想、相関図。
さらに最終回まで〜ネタバレ付きで、全話を配信しますよぉ〜!
<スポンサードリンク>





★감사합니다(カムサハムニダ)★
韓国ドラマに夢中なアンで〜す♪
訪問してくれてありがとう(o^^o)♪

【雲が描いた月明かり】7話〜8話のあらすじのご紹介です!
アンの感想もありますよぉ♡

どんな展開が待っているのかな?楽しみです!!
最終回まで一緒に見ていきましょう〜o(^▽^)o

そして【雲が描いた月明かり】5話〜6話の前回のあらすじは...
マ内官に清国の使臣のお部屋に連行されたラオン!
前にマ内官は、使臣に...
使臣が会いたがっていた独舞の踊り子のことで話をしていた。
そこで【独舞の踊り子を呼べるには、私だけです。】と、話したのだった。

そんな中、ソン内官は...
【世子の位を破棄されるかも!男色というのは真実か?】と言われた。
そこで激怒したチャン内官は..。
そして、マ内官は、【私は世子が男ではない。とわかってます。そのことは話さないつもりだったけれど..。】と...。

その頃、監禁されたラオン。【世子の位を破棄されるかも!】と聞き、案じていたのだった。
そこにヨンとビョンヨン。2人が来た。やってきた相手方たちに圧力をかけたヨンとビョンヨンだった。
そして、取引している所在がわかったユンソン。
ビョンヨンに教えて〜水面下で取引をした商団までわかったユンソンだった。
3人で力を合わせたおかげで、なんとかラオンを救助することができたのです。
縛られていたラオン!ヨンがほどいてくれて宮殿に...。

<スポンサードリンク>





【雲が描いた月明かり-キャスト&相関図】
男が愛する時-キャスト&相関図はこちら


雲が描いた月明かり-7話あらすじ
ヨンは、清の使臣からラオンを救助したのだ。
そして今までより、ラオンに対して特別視をしていた。
そのことが原因で【世子は男ではないか?】と噂が蔓延したのです。
だがヨンは、噂なんてきにするな!と、きっぽり話した。本心はヨンも苦悩していたのだった。

その頃、ヨンが自分の看病をしてくれた!とわかったラオン。
想いはヨンへ強くなっていくラオンだった♡
ヨンもラオンが気になり、気に入っている内官ラオンを、近くに置きたい。と思っていたのだ。

そんな中、宮殿では、さらに...
女官と内官の恋愛の噂まで蔓延していたのです。
過去に懐妊した女官もいたため、そこで皆が、身体検査をすることに!

マ内官と王女付きの女官(ウォルヒ)!2人も秘密で会う間柄だったのです。
でもウォルヒは、この関係を終わりにしたかったが...
逆にウォルヒは「皆がいるところで、好き!と言ってほしい。」と話した。
でも簡単にそうは言えない状況下です。
ラオンは、マ内官の想いがわかると、名案が浮かんだのです。
だが、ヨンは、ラオンがマ内官のことで名案が浮かんだことを知ると...
ストップさせようとしていたのです。
「好きになる想いはおさえられないです!人を愛したら〜愛されることが原動力になります!」と話したラオンだった。

その頃、飢饉用に、備蓄を倉庫にキープしておいた。
だが、盗賊に激襲された!と、王様に連絡がきたのです。
ここの所、盗賊が増えて〜キム・ホンは、ホン・ギョンネ達が仕組んでいる!と話した。
だが既にホン・ギョンネは他界しているので、ホン・ギョンネの子ども達を捜索し始めました。
ところが安心できない王様は...。

一方では、宮殿内をかけずり回っていたユンソン。
ラオンが無事かどうか?確めようとしていた。
それぐらいラオンは大事な存在だったのだ。
そして、前に買い置きしておいた女の人の洋服をラオンにプレゼントしたのです。
さらに、「女性で生きていきませんか?手伝わせてほしい。ラオンの想いが決まるまで、待ち続けますから!」と話したユンソンだった。

だが祖父キム・ホン。ユンソンにお見合いを言ってきたのだ。
「乗る気でないから!」とユンソン。
ところがキム・ホンは「ユンソンは、私の言う通りにさえすればいいんだ!」と話した。
そして、ユンソンのお見合いの女性は礼曹判書の娘チョ・ハヨンだった。
そこでハヨンは、お見合い相手の男性が、領議政(キム・ホン)の孫ユンソン。
そのことがわかると、動揺していた。
だが、お父さんに「好きな相手と結婚したい!」とチョ・ハヨンは突っぱねた。

そんな中、ヨンを好きになったハヨン!
王女から〜世子はヨンは...
「花園内を散策している。」と聞いた途端、
たまたま出くわしたようにヨンがいるところに登場したハヨンだった。
「一緒にお散歩してください。」とお願いしたが、即、拒否られてしまったのです。

ラオンは人形劇の台詞としてマ内官にウォルヒへの気持ちを伝えさせます。
しかし、これを問題視したソン内官は、首謀者のラオンを王妃の前に連れて行きます。
ヨンは、「女官と内官の恋の話は人形劇のネタとしてはありふれたもの。王様を王妃の尻に敷かれる馬鹿者という者までいるのに、すべての者を王妃の前に連れて来させなくてはいけませんか?」と言ってラオンを救い出します。

そんな中、身体検査が実施されたのです。
マ内官が救助してくれたおかげで、ラオンの身体検査は合格!!
そんなマ内官は、ラオンが女。とわかっていたのだった。
そこで「ここまではクリアできたが、王様の地位も安全ではない宮殿内だから〜」とマ内官...。
「もう離れる時ですね?」と話したラオンだった。

その頃ラオンは、ヨンに...
「私だけひいきしないでほしい!内官たちと同等に見て!」と依頼したのです。
苦悩したヨン。そこでラオンを呼んで、想いを話したのだ♡
「私は ラオンを好きだ♡」
ヨンは、ラオンにキスを交わし...。


<スポンサードリンク>





雲が描いた月明かり-8話あらすじ
ヨンは、ラオンから激励されて嬉しかった。
そこでラオンに想いを伝えようと決心したヨン♡
ヨンは、手紙を書いたのだった。早速、資泫堂に行って...。
そしてラオンが、女の人の洋服を着ていた。
やっぱり、ラオンが女!しかも、独舞の踊り子だった。と確信し、喜んでいたヨンだった。
そうわかると、手紙での告白をやめて、ラオンを目に前にして自分の口から想いを告げる!と決めたのです。
ついに想いを告げられ、キスされたラオン!ヨンに 心を奪われてしまったのだった。

その頃、内官とウォルヒ。宮殿の外で生活できるように手をうってあげるヨン!
そして、ラオンも、マ内官をお祝いしていたのです。
だが「人のことはいいから!自分の周囲を調査してみろ!1人じゃなくて、2人の近くをよく調べてみろ。一人ではなく二人だ。気付いてないのか?」と話したマ内官だった。

一方、ラオンは、ユンソンから...
「内官の洋服は合わない!女で生きていかないのか?」と聞かれたラオン。
「宮殿にいたい。」とラオンから聞いて、
ラオンが宮殿にいたい。と言うのは、ヨンが原因とわかったのだった。
そして、ヨンは、ラオンが女!と、わかった。
だが、ヨンは...「男っぽい手をしているな!」と面白がっていたのだ。
でも、ラオンは苦悩していた。

その頃、ハヨンは、ラオン(ホン内官)が恋愛専門家で名高いとわかった。
そこでラオンに、恋愛の相談をしたのです。
だがヨンが相手とは内密にして...。相談結果は...。

そんな中、ヨンは摂政に昇格したのだった。
そこで科挙のテストのカンニングを正しく直そうとしていたヨン!
ところが初会議で、臣下が皆、欠席したのです。
落胆したヨン!ラオンは、ヨンを激励しようと...。
するとラオンをハグするヨンだった♡

そしてヨンは、欠席した臣下達に、薬を郵送することに!
しかも、臣下達が領議政宅に集合していたことを、ヨンは知っていたのだった。
領議政と訪問したヨン!ところが【静かにしていろ!】と領議政は、ヨンを脅迫したの。

その頃、街に出かけたヨン!
【永遠のブレスレット】を売るっているシルバー世代の方に話しかけられました。
【このブレスレットを愛する人と、お揃いで持っていれば、別れたとしても、再会できる!】と言われたヨンだった。
するとハヨンが来て【運命かな?】と言うハヨン。
そう聞いたヨンは、唖然としていたのです。

そして、お母さんのお墓参りに行ったヨン!
お母さんの死因は病ではない。と思いだした。
そこでお父さんである王様に「お母さんを殺害した人物を見つけて、捕えてほしい!」と涙ながらに直訴したヨンだった。
ヨンは、宮殿に戻ってきた。そこでラオンが「どこに行ってたの?」と聞き..。
「母親が恋しくなったので、会ってた。」と聞いたラオンは..。

一方では、ヨンへプレゼントを作成したハヨン。
直接持って行くが...。
ヨンは開封せず、ハヨンに返却したのだった。
そんなハヨンとヨンを見たラオン。
あの時、相談してた男性がヨン!とわかった。落胆したラオンは...。
ヨンに「女の人を好きになったことって、あります?」と..。
「はい。ありますよ〜今です!美しい女性で...。」と聞いたラオンは、即ハヨンのことだ!と察して、衝撃を受けてしまい..。
ヨンも動揺していたのだった。しかもラオンとヨンは、苦悩し続けていまいました。

その頃、ヨンに命令されたビョンヨン!
ホン・ギョンネの娘を捜索していたのです。
そこでビョンヨンは、幼少期、お母さんと一緒に住んでいた娘を知ってた老人から〜その娘が、ホン・ラオン!と聞き出したのだった。
しかも【ホン・サンノム】と聞いたビョンヨンは、驚きを隠せないでいました。

その頃、ヨンは、ラオンに...
【永遠のブレスレット】をプレゼントしました!
だが動揺するラオン!
【ラオンが世界で1番大事な女性!それでいい?】と聞いたヨンだったが...。

【感想】
ヨンは、ラオンが女性とわかっていたましたね?
【永遠のブレスレット】をプレゼントしたシーンは、胸キュンしちゃいましたよぉ♡
でも、ラオンが男性に化けているのは、ホン・ギョンネの子供ってわからないようにしてたからですね?
そして、ビョンヨンは、ホン・ギョンネの娘を捜索しているからハラハラ・ドキドキしますね?
しかも【ホン・サンノム】と聞いたビョンヨンは、驚いていましたよぉ〜。
ヨンにラオンの素性がバレないか?ドキドキだね?
更なる展開が楽しみです!!




<スポンサードリンク>




【雲が描いた月明かり-全話一覧】
韓国ドラマ- 雲が描いた月明かり全話一覧はこちら


<スポンサードリンク>





【その他オススメ韓国ドラマはこちら↓】
その他オススメ韓国ドラマ一覧はこちら


【人気ドラマ&旬なドラマはこちらです♡】
人気ドラマ&旬なドラマはこちら



<スポンサードリンク>