2016年12月09日

韓国ドラマ-雲が描いた月明かり-あらすじ-17話〜18話(完結)-最終回まで感想あり

韓国ドラマ-雲が描いた月明かり-あらすじ-最終回まで感想あり-17話〜18話(完結)-パク・ポゴムやキム・ユジョン出演-キャスト相関図やDVDなどもあり


雲が描いた月明かり.jpg



【雲が描いた月明かり】のドラマのご紹介です♡
そしてパク・ポゴムやキム・ユジョン出演のゴージャス共演です!

時は、朝鮮時代の後期。
中国の礼儀と音楽である礼楽をこよなく愛した天才君主の孝明世子(ヒョミョンセジャ)を題材にした王宮のラヴロマンスです♡

ツンデレの王世子イ・ヨン!そして、男装の内侍ホン・ラオン!
果たしてラオンは、男性に変装しながら〜素性を隠し通せるのでしょうか?
そして、やんちゃな皇太子ヨンとの愛の運命は?

さらに魔性のイケメン学者etc。
魅力的なキャラクターたちが目まぐるしく活躍しますよぉ(*^_^*)
王宮ロマンスのラヴストーリーをドキドキ〜わくわくしながらお楽しみください♡


「雲が描いた月明かり」のあらすじ、感想、相関図。
さらに最終回まで〜ネタバレ付きで、全話を配信しますよぉ〜!
<スポンサードリンク>






★감사합니다(カムサハムニダ)★
韓国ドラマに夢中なアンで〜す♪
訪問してくれてありがとう(o^^o)♪

【雲が描いた月明かり】17話〜18話(完結)のあらすじのご紹介です!
アンの感想もありますよぉ♡

どんな展開が待っているのかな?楽しみです!!
最終回まで一緒に見ていきましょう〜o(^▽^)o

そして【雲が描いた月明かり】15話〜16話の前回のあらすじは...
いきなり男性が登場したのです!ラオンのお母さんは驚きを隠くせず...。
判義禁府事が、「ホン・ギョンネが健在です!」といいに来て..。
そして王様とハン内官もビックリしていました。
そんなホン・ギョンネは、ラオンのお母さんに...
早急に逃げて!と言い出すが...。

その頃、自宅に帰宅したラオン。お母さんが台所でしゃがんでいました。
そしておかさんが、お父さんが生きていたよ!でも捕まって...。
と聞いたラオン。驚いてしまったのです。

その後、すれ違いでヨンが牢屋に来たのです。
ラオンとビョンヨン。2人は官軍の後にピタっとついて...。
吏判に見つからないようにしたのだった。
だが、ラオンに感づいた吏判!
領議政に、ラオンを見た。と話したのです。
に気付いたようです。
そしてホン・ギョンネの尋問前に、ラオンを捕えろ!と吏判に命令したが..。
機転をきかせたヨン!ラオンを秘密の隠し部屋に連行したのです。

そんな中、ヨンが自分のところに帰ると、ハヨンがいたのです。
だが本を読みだしたヨン!
もうハヨンは戻ろうとしたが、ヨンがブレスレットをしていない!とわかったのだ。

その頃、皆、取り調べの場所に集合していたのです。
ラオンは入り口で待っていると〜誰かに口をおさえられてしまい...。
連行されてしまったのです。 


【雲が描いた月明かり-キャスト&相関図】
男が愛する時-キャスト&相関図はこちら

<スポンサードリンク>





雲が描いた月明かり-17話あらすじ
ビョンヨンは、ラオンを助けようとしていたのです。
そこでヨンに剣を突き刺そうとしていたビョンヨン。
だが、一刻も早く、通路を開けてくれ!というハン内官。
そこで救われたラオンとホン・ギョンネ。ラッキーなことに、なんとか脱け出すことができたのです!

ところが、ビョンヨンは前に ヨンと話したことを懐古していました。
その瞬間、弓矢を構えた官軍!なんと2人は囲まれてしまい...。
ビョンヨンが剣をさげようとした時に、ビョンヨンの体に矢は直撃!
ヨンが「やめろ〜〜〜。」と叫んだが、官軍の剣に倒れてしまったビョンヨンは限界がきてしまいました。

そんな中、兵士の姿をした白雲会と共に、宮殿の外に出ようとしていたラオンとギョンネ。2人は、門の番人にSTOPされてしまうのだった。
そこでハン内官が、通行の証を見せて〜なんとか門をあけて通れたと思いきや、運が悪く、本当の官軍が来たのです。
そこで口論になってしまい...。

そしてラオンとホン・ギョンネ。2人が、尋問の所から〜脱け出して1か月が過ぎたのです。
宮殿から脱出していたヨン!妓生房にいたのです。
妓生の踊りを見ていたヨンだったが、あまり楽しい様子ではなかったのです。
その頃、便殿内では、ミーティングがスタートしていて...。
また妓生房からヨンが出てきたら〜即、ソン内官が妓生房に来たのだった。
不思議に思うヨンは...。

一方、命びろいをしたビョンヨン。だが意識は戻らなくて...。
眠ているビョンヨンを見ていたヨン!
「おい〜〜私が誰かわかるか?いつになってら返事をしてくれるんだ?」と聞いたヨンは、そこで茶山先生にビョンヨンの病状を聞いたが...。
そして、茶山先生のところに来たラオン!
そんなラオンを見て、茶山先生はびっくりしてしまい...。
ラオンも、眠ているビョンヨンに話しをしたのだった。

その頃、人相書きを広げていたヨン!
そして、罪人を連れてた官軍だった。
そこで吏判と戸判をさした罪人は、「この人たちが、そうです!」と言い出した。
その後、吏判と戸判。2人は罪人と共に、官軍たちに連行されてしまうのだった。
そこでヨンは残された領議政を見ていて...。

そんな中、王妃は、妓生房から戻ってきました。
そしてハヨンと女官が、赤ちゃんを抱いている姿をみてしまい、びっくりしたのだった。
早速、ハヨンはら話を聞いた王妃は驚きを隠せないでいたのだった。
じっと赤ちゃんを見ていた王妃は…。

<スポンサードリンク>





雲が描いた月明かり-18話(完結)あらすじ
眠っているラオンは熟睡していたのです。
よく寝ていたので、そのまま話しかけずに旅にでて行ったビョンヨンは...。
だが、その頃、ヨンの夢を見ていたラオン!
夢の中では、短い剣で腕輪をきってしまったヨンだったが...。
ところが宮殿内でヨンは、毒入りの湯薬を服用してしまったのです。
そしてヨンは倒れてしまい...。

その時、誰かが門を激しく叩く音がしました。
チョン・ドクホが、茶山先生の所に来て...。
毒入りの湯薬を服用した世子邸下が、危篤状態!と言いに来たドクホ!
その話を聞いたラオン。驚いてしまうのだった。

そこで宮殿まで行ったラオンと茶山先生!
だが門の番人にSTOPされてしまいました。
タイミング良くチャン内官が来てくれて...。
茶山先生は即、ヨンの脈を図ったのだった。
そしてヨンの手を繋いだラオン!
その後、茶山先生のお手伝いをしていたラオンは、ヨンが目を覚ましたことに気付いたのだった。
そしてハヨンもきて...。ラオンと入れ違いで入って行ったのです。

その頃、ハヨンが連れてきた赤ちゃんを思っていた王妃は...。
そこに尚宮がきました。ヨンが毒入り湯薬を服用して、倒れたことを話したのだった。
そこでヨンの毒のことを話した茶山先生は...。
そんな中、領議政は、ソン内官からヨンの命が危うい!と宮殿内で噂が蔓延している。と聞いたのだった。

一方、ヨンの部屋で、交代ですれちがいの医女がラオン!と思っていたハヨン。
そこで再度、ヨンの部屋に行ったハヨンは...。
ヨンの看病をしていたラオン!眠っていると思っていたヨンが、なんと手で止めようとしていました。
そこでラオンのマスクをとったヨンは...。
しかもラオンが、ヨンの腕輪をしていた。とわかったヨン。
嬉しくてたまらないヨンは、ラオンの頬をさわって...。
その光景をハヨンに目撃されてしまったのだった。

それから何日かして...。
ヨンウン王女と共に、ヨンのお見舞いにきた淑儀。
そこでヨンは、ヨンウン王女の話しから〜気がかりなことがあったのだ。

その頃、王妃とソン内官は赤ちゃんのことを話していました。
また王妃は、男に赤ちゃんをどうにかしてほしい!と命令したが...。
そこで男性に、ソン内官が赤ちゃんをわたそうとした瞬間、背後から〜動くんじゃない!という男性の声が...。
なんと、その声はヨンだったのです。そこで赤ちゃんをおこうとしていたソン内官は...。

そんな中、過去に殺害された尚宮のことで苦悩していたヨンウン王女!
ラオンは、その光景をみて話しかけたのだった。
ヨンウン王女とラオン。2人で部屋に行って〜殺害された尚宮が、手紙を隠した所が蘇ったのだった。
そこで、その場所をラオンに話して...。
そして、ラオンが床の下から手紙を発見した!と聞いた領議政。
領議政は「ラオンを殺害してでも呼んでこい。」と男に命令したのだった。

一方、ラオンからもらった手紙。これを王様に見せたヨンだった。
この手紙はヨンの母上のだ!と言いヨンに手紙を読ませた王様でした。
手紙を読んだヨンは、お母さんを思いだして泣いてしまったのだ。

その頃、ラオンは、ヨンの看病が終ったのだった。
そこで資泫堂に戻って来たラオ。
すると背後で、ユンソンがラオンを呼んだのです。
ところがユンソンの背後には、全身が真っ黒の男どもが...。
ラオンもドキドキしてしまい...。
後ろに下がるラオン!男たちに捕えられてしまい...。
そこで男性たちを切りにいくユンソンは...。
男たちを倒したものの、ユンソンは負傷してしまったのだった。
ユンソンは倒れてしまい、ラオンは近づいたが泣いてしまったのです。
そして、ヨン・王・王妃・領議政達にもユンソンの訃報が飛び込んできました。
皆が衝撃を隠せないでいて...。

それから数日が経った日。
キム・ホンは罪人として扱われていました。
護送中、ラストにユンソンの部屋を見せてほしい!と話すキム・ホン。
単独でユンソンの部屋に行くと、過去を懐かしんでいたキム・ホンは、いきなりユンソンの拳銃を持って、自ら命を絶ってしまいました。

その頃、お母さんのお墓参りに行ったヨン!
お母さんと約束したことが懐古されて...。

一方、ヨンは、便殿にいました。
そこでラオンへの王の命令を読んだのだった。
本人のラオンは、便殿の前の庭で土下座しながら、王の命令を聞いていたが...。

そして、お父さんの礼曹判書と一緒に王様に会ったハヨン!
そこで宮殿から出て行ったハヨン。

それか1年の歳月が流れて...。
チャン内官のかけ声と共に登場したヨン!
便殿では、ヨンが出迎えられていたのです。
そこでには、チョン・ドクホ&茶山先生たちの顔ぶれも...。
また、ソン・ヨルとド・キ。2人を見つけてハッとしてしまうのだった。

またラオンは、本屋の棚を整理していて...。
「雲が描いた月明かり」本の表紙は、ヨンの顔が..。
そして、その本をヨンが取って〜ラオンに顔を接近してきたが...。

そんなヨンとラオンは、コスモスの花が咲いている畑を歩いて...。
2人はキスしながら〜…。

<スポンサードリンク>





【感想】
【雲が描いた月明かり】のドラマが完結しましたね!
いろんなことがあったけれど〜最終的にヨンとラオンが、ハッピーエンドで本当に良かったです♡
コスモスの花が咲いている畑を歩いていたヨンとラオン♡
2人から改めて幸せを実感させられましたねぇ〜。
ヨンとラオン♡そして皆様も幸せを願いながら〜ドラマの幕を閉じさせていただきます(*^_^*)

最終回までお付き合いいただきまして
本当にありがとうございました♡
次回お会いできる日を...楽しみにしております♡



<スポンサードリンク>






【雲が描いた月明かり-全話一覧】
韓国ドラマ- 雲が描いた月明かり全話一覧はこちら



【その他オススメ韓国ドラマはこちら↓】
その他オススメ韓国ドラマ一覧はこちら


【人気ドラマ&旬なドラマはこちらです♡】
人気ドラマ&旬なドラマはこちら


<スポンサードリンク>